2016年4月13日水曜日

困った隣人さん

あまり近所では大きな声で言えずに、困っていることがあります。それは隣人の奥さんです。見かけはどこにでもいそうな39歳の奥さんで、自分に利益のある人には本当にゴマをするタイプで、人が見ている時には私に挨拶しますが、人がいないと私に挨拶すらしない無視状態です。
一年生の娘さんがいますが、子どもはママの言うことを信用しているわけですから、そのまま育ちますよね。
例えば参観日、二つに後ろを分けて、ツインポニーテールをしている娘さんを朝登校の時に見かけました。でも見た瞬間凍りつきました、おそらく自分のクルクルドライヤーで、娘さんの髪の毛を巻いてげたのでしょう。まるで昔の宝塚のような毛でもうクルクル状態です…。近所の他の常識あるお友達のお母さんと、えっ??と固まりました。遊びに行くわけではありませんよ、学校ですよ。と言いたくなります。
他には、平日は7:30からピアノの練習を始めます。週末には、この間7:40に始めました。大きいピアノの音が近所中に響き渡ります。隣には生後5ヶ月の赤ちゃんがいます。そうやって隣人の方は、8時にお出かけしていきました。こちらは週末ゆっくりと休んでいるので、ピアノの音で目が覚めます。平気で窓を開けて練習するのでこっちはたまったものではありません。
他には平気でうちの家の前に声もかけずに、遊びに来たお友達の車を置きます。こちらがどれだけ迷惑か、一体誰に言えば良いのかわからないくらいに、全部非常識です。