2016年10月24日月曜日

少しでも楽をする為に


薬剤師の転職活動は、新卒時の就職活動と同じで、様々な負担が生じます。
勿論、退職に伴う就職活動ですので、退職に関係する準備が必要なのもありますが、就職活動をするということで、やはりかなりのお金が必要になってきます。面接時に必要な資料や面接先までの交通費などを受かるまではずっと必要になるため、金銭的な負担は相当なものです。新卒でも会社への就職が難しい昨今では、転職はより難しいものになっています。少しでも負担を減らす為にも転職を検討している薬剤師は転職サイトを利用するべきでしょう。
何故なら、一度苦労して就職した企業を、大抵は自己都合により退職するわけですから、それ相応の理由が必要となります。その理由が必ずしも、転職を成功させるきっかけとはならないケースが多く、元の勤務先の不満を転職先の企業の面接で言うのは論外として、最近では中途採用の枠そのものが縮小傾向にあることから、ただの転職理由だけでは採用されにくくなっています。
最近では、会社の待遇面の問題などを理由に転職をする人が増加傾向にあるため、まるで会社側と求職者の需要と供給のバランスが伴っていない状態となっています。求人数そのものが上がっていても、倍率がそれより上回っているために、求職者のニーズに応えられていないのが現状です。
今、転職を考えている人は、転職先のことを考える以前に、転職するという行為自体が今すべきかしないかを考えるのが先決だと思います。